キミを見つけた

やっかいな瞳に心奪われたってことで

次のデビューは誰だ!?ジャニーズJr.のいちファンが勝手に予想してみる!!

 

ジャニーズJr.のファン(オタク)であるならば、担当や推しにはデビューしてもらいたいと思っている人が多いと思います。私は担当不在の身ですが、今応援しているハイクラ界隈の子達にはデビューしてほしいと思うし、その資質が彼らにはあると思っています。

ですが、現実的に考えて、彼らが将来的に全員デビューできるとは思っていません。ジャニーズJr.はそもそも母数が多すぎるし(それがコンサートや舞台での華やかな団体芸・演出に繋がっているとも言えますが)、どれだけファンに認められた実力があってもジャニーさんのインスピレーション・ひらめきひとつでデビューメンバーが決まるからです。

 

私は今のジュニアを知るようになってまだ2年半ほどですが、当時から誰が次デビューするのかには興味を持っていました。ここから主観が入りまくった考察をしていきますので、読む方は自分の予想や希望と違っていても、いち個人の見解なので「あいつ、見当違いのこと言ってやがる」と笑ってやってください。

 

 

 

ジャニーズJr.のデビューには大きく2種類あります。ワールドカップバーレーボールの応援サポーターとなるためにメンバーが集められるパターンと、既存のジュニア内グループがデビューするパターンです。近年で言えばSezyZoneはバレーデビュー、Kis-My-Ft2は既存グループデビューでした。(ジャニーズWESTはまた別パターン)

 

昨年、2015年はワールドカップバレーのためにグループが組まれジャニーズJr.から数名がバレーユニットとしてデビューすると予想されていました。しかし実際は新しいデビューグループが発表されることはなく、セクゾがスペシャルサポーター続投となりました。この件に関しては各方面に禍根を残しているかと思いますが、過去のことを言ってもしょうがないのでここでは掘り下げません。

これまでのジャニーズ事務所のグループのデビュー頻度から考えて、次のデビューグループの発表があるのは2017年、または次回ワールドカップバレーが開催される2019年だと考えられます。

 

まず、2019年バレーデビューの方を先に。これは現在私が応援しているハイクラ界隈、現段階で17歳以下のジャニーズJr.でしょう。バレーデビューのメンバーはこれまでのデビューグループをみると、デビュー時に20歳以下の人が多いからです。(逆に21歳以上だったのはV6の坂本昌行さんと長野博さんのみ。)西暦で言うと1999年生まれ以下ということになります。

ちなみのこのメンバーの中に、関西ジュニアが入る可能性も個人的にはあると思います。東ジュと関ジュの混合グループは過去にNEWSで物議を醸しましたが、これは関ジャニ∞との掛け持ちであったことが本人達的にもファン的にも問題だったと考えるからです。デビューの結果、公式のグループを掛け持ちする、または分裂するという結果にならなければ問題ないのではないでしょうか。もちろん、公式グループでなくてもいわゆる「括り」が解体されることに抵抗はあると思いますが。

 

 

さて、2019年の話はここで終わり、2017年デビューの話をしましょう。2017年まで、もうあと2か月ですよ。

先程述べたように、バレーデビュー以外ではジャニーズJr.内の既存のグループがそのままデビューすることがあります。ジャニーズJr.は今まさにグループ戦国時代。10以上もグループがあります。

その中でも有力なのはやはりMr.Kingではないでしょうか。当初は、平野紫耀くん、永瀬廉くんがもともと所属していたグループが結果的に解体されることになったり、3人共ジャニーさんのスペオキと言われドン引くほどの推しっぷりだったこともあり、他担から疎まれていた感もありますが、そのダンスと歌の実力、3人の相性の良さ、圧倒的な華で魅せた『愛は味方さ』の完成度は誰もが認めるところだと思います。

ここで重要なのは、ジャニーさん及び事務所の推しアイドルとオタクに人気のあるアイドルは必ずしも一致しないということです。さらに言うならオタクに人気のあるアイドルが一般人にも人気が出るかと言われると微妙なところなんですよね。

 

※余談ですが、Hey!Say!JUMPはドーム規模のツアーを成功させるジャニーズ事務所のアイドルですが、「じゃあ何人いるか知ってる?メンバーの名前全員言える?」となると、一般人ですらすら答えられる人ってほぼいないと思います。ジャンプだけじゃありません。セクゾも同じで、私の後輩(20代前半女性)は5人共名字すら知りませんでした。これが世間の声、これが現実的な彼らの知名度です。悲しい。

 

 

 

ここからは、私独自の見解を述べさせてください。私は2017年のデビューは、もしかしたら『ない』のではないかと考えています。あくまで可能性の話ですが、そう考える理由は3つあります。

 

1つめは、ネットで読んだ記事なので真偽が定かではありませんが、ジャニーさんがもともと舞台やミュージカルに重きを置く人で、テレビを始めとしたメディアの仕事にはあまり興味がない、ということです。メディアの仕事というのはバラエティやドラマを始め、CDデビューもこの中に入ると思います。

ジャニーさん自身がたぐいまれな才能を持った演出家でギネス認定を受けていることや、A.B.C-Zがジュニア時代に数々の先輩のバックでジャニーズ舞台に出演していたのにデビューが遅く、その理由がジャニー社長が「忘れていた」からだ、というエピソードを踏まえると納得できる記事です。

 

2つめは、先日千秋楽を迎えた『ジャニーズ・フューチャー・ワールド』で、Mr.Kingの要である平野くんがジャニーズJr.にして座長を務めたことです。私はこのジャニフワが発表された時、「ジャニーさんは平野くん、ひいてはお気に入りのアイドルには舞台をやってほしいんだろうな」と思いました。CDデビューして広くメディアに発信されるよりも、自分の作る世界観の中で生きていてほしいのではないかと。

そして、アイドル本人にとってもジャニーズの舞台で生きるって悪い条件じゃないんですよね。外から見ればジャニーズの舞台だけで生きるなんて狭い世界です。でも、その中で生きて行くことは全然できる。ジャニーズ内でそこそこの知名度を得て内部の仕事を続けて行けば、未成年でも6桁するアクセサリーや高級車を買う財力を持つことができることは、今いるジュニアを見ていればわかることです。

ジャニーさんはアイドルを舞台に起用したい+アイドルはジャニーズの舞台という狭い世界で満足する。需要と供給が成り立っています。アイドル本人がどう考えているかなんてわからないけれど、全身高級ブランドの私服を着ているジュニアを見ると、この考えもあながち間違ってないんじゃないかと思います。

 

3つめは、Mr.Kingに限らず、今人気のあるジュニアの大半がSexyZoneと年代がかぶっていることです。そもそもセクゾ5人の年齢に幅があるのですが、特に中心となる年長3人±1~2歳の年代に、今少クラなどで中心的に活躍するジュニアが丸かぶりなんですよね。(具体的には中島健人さん93年度生まれ、菊池風磨さん94年度生まれ、佐藤勝利さん96年度生まれなので、91年度~98年度生まれのジュニア)

セクゾがあまりにも若くしてデビューしているために、次にデビューするジュニア達がセクゾと同年代になる。ジャニーズのデビュー組は飽和状態だと言われていますから、次のデビューグループは今のデビュー組とは差別化を図る必要があると考えます。今、年齢的にもキャリア的にもジュニアと一番近いのはセクゾですから、セクゾと差別化を図ることは重要なファクターだと言えるでしょう。

 

もちろん、年齢だけが差別化ではありません。KAT-TUNKis-My-Ft2はジュニア時代からの既存のグループで、先にデビューしたNEWSやHey!Say!JUMPとは年代がかぶっています。でも、自分達でジュニア内の人気を確立し、その人気をオタクから一般人へと広げデビューを掴みました。

逆に言うと、Mr.Kingを始めとした既存のグループは、絶対に差別化できない年齢のことは一旦置いておいて、グループの個性をセクゾと差別化しつつKAT-TUNやキスマイくらい強烈に一般人の目に留まるようにアピールしないといけない訳です。これ、かなり難しくない?ジャニーさん自身がメディアに興味ないし、舞台に人気ジュニア出して内に内に囲おうとしてるし、最近はミュージックステーションのような歌番組でデビュー組がバックにジュニアを付けることも少ないし…。

 

 

 

だから私は、2017年のデビューは『ない』可能性も5:5くらいであると思ってます。いや、もちろん誰かしらデビューしてデビューコンして、しこたまDC・DKラインのジュニアを付けてもらいたいっていう希望はありますよ。それに、いち個人がこうやって自分なりに根拠を考えて考察したところで、今日ジャニーさんの目にとまったスペシャルショタが明日デビュー発表する可能性だってない世界じゃない訳ですから。

そんな訳で年末に急に地球が3回転半くらいしないうちに(したって全然いいんですけど)、私なりの考察をまとめてみました。

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。